書きたかった感想は全てここに。

主に音楽やお笑いレポ。たまに映画、小説、漫画のことなども。

【お笑い】M-1グランプリ2018の雑記

M-1の感想についての記事はこちらです

inecoineco.hatenadiary.jp

審査員&動画について

M-1に出る以上、どんな審査をされても
真摯に受け止める覚悟がないといけないと思います。
かつて第一回目のM-1では、
おぎやはぎが9点という点をもらってます
(審査方法も違うし、地域からの点ですが、9点はうけすぎる笑)
マヂカルラブリーは上沼さんに怒られて
今年それをネタに昇華させ、三四郎にかぶせてきました。

コンテストである以上審査員が居なくては
大会が成り立たないんですけどね。
もし、審査されたくないなら、
出場しなければいいだけの話です。
今回ハライチ、カミナリ、去年に引き続きメイプル超合金
出場していません。理由は様々だとは思いますが。
出場しないという勇気もないくせに
後からお酒の勢いに任せてなんて……残念すぎるなぁ。
私は、スーマラが好きで、武智がM-1から去ることが
本当に悔しそうだったので心打たれたのですが、
こんなことになってとてもショックでした。
まだM-1はこれからも続くし、
まだ出場権のある芸人もいるのに
その人たちを巻き込んでしまったことを
これから反省してほしいですね。

 

 

敗者復活戦について

 

敗者復活戦の方がドキドキワクワクしました!
ていうのも、どうせミキだろ!って思ってたら
意外にツイッターの反応とか
動画の再生数とかで、
金属バットだったり、プラスマイナスの名前が目立ったので、
これはもしや!!!!????ミキじゃない!?!?!?
と思ったんですが…
まぁ蓋を開けてみればミキでしたね。
でも、金属バットが地上波で見れてこの上なく感動。幸せ。
終わった後のトークも最高でしたね~。
たくろうも面白かったな〜。

 

凄く若いのに肝の座った漫才をする芸人がまだまだいます。
来年は若手がもっと出てくる大会になるといいですね。
四千等身とか、まんじゅう大帝国などなど。
推しのランジャタイも頑張って欲しいな。