読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きたかった感想は全てここに。

主に音楽やお笑いレポ。たまに映画、小説、漫画のことなども。

【サカナクション】改めて聴くと良かった曲

先日サカナクショントップ10をブログに書きましたが

あの後全アルバムをシャッフルでじっくり聞いていると

あ、この曲も良いなと思う曲がちらほありました。

今まであんまり注目してなかった曲も

改めて聴くと良くなったりすることもありますよね。

昔の好きな曲が私の頭の中から退かないのゆえに

忘れ去られていた悲しき良き曲はこちら。

 

【改めて聴いてみると良かった曲】

・エンドレス

・ボイル

・mellow

 

mellowの最後のほうに使われている、

ぐわんぐわんするやつは音楽用語でいうと

なんという効果なんでしょう?笑

あの、ラジカセのボリュームを大小して遊んだ時のような

(古い例えですみません。)

あれが大好物です。

 

うんうん。

聴けば聴くほど良くなるなぁ。

 

さて、来週月曜日はgroup_inouのライブですので

またレポ書きます。

 

【映画】バクマン。見てきました。

バクマン。見てきましたので感想を。

※ネタバレありなので気を付けてくださいね。

 

 

【ストーリーについて】

原作は1話くらいなら読んだことありますが忘れたので

何も知らない状態で見ました。

話しがとんとん拍子に進んでいくなぁという印象。

テンポの良さはいいけど、主人公の名前すらわからないまま

話し進んじゃった!笑

(※後で書きますが違うところに集中してたせいでもあります)

飽きずに見られたのは良かった。

漫画なのでしゃーないですが、小松菜みたいなかわいい女子が

自分を盗み描き続ける男を運よく好きでいてくれるなんてこと

あるかな…?

 

【音楽について】

見に行った最大の理由はサカナクションの音楽。

映画を見に行ってBGMに集中したことは初めてです。

サカナクションらしさもありつつ、映画を意識してる感もありつつ

絶妙にマッチしてました。

漫画を描き続ける描写のとこなんかはかっこよかった。

この音楽ならライブもいけそーとか思いながら聴いておりました。

 

【キャストについて】

私は新井浩文という、この俳優について関心したのでした。笑

この人、最近いろんなところで脇役で出てくるけど、

すごいと思います。いろんな役ができる。

人間味があって、人間味がない。そしてわざとらしくない。

大体見る役は悪役なんですけど、こういうキャラもできるし、

あーすごいなーって思いました。

山田孝之は相変わらず良いです。

佐藤健の高校生には無理があったかな。

小松菜ちゃんかわいすぎるだろうよ。

 

 

 

映画の感想ってあんまり書いたことないので難しい。

【サカナクション】ベスト10

サカナクションについて書いてあるブログを

まわっていたら、サカナクションの曲で

ベスト10を決めたというブログがありました。

面白そうなので私もやってみようと思います。

今まであまり考えたこともなかったので。

どの曲もみんな違ってみんな良いので優劣

つけるのはなかなか難しいですよね。

 

【10位】ルーキー

ルーキーは前の記事にも書きましたが
LIVEのレーザー演出が好き。
PVも好きです。

【9位】ワード

この曲、初めて聞いた時から脳内で

Perfumeが踊るんです。

その時Perfumeのファンクラブに入るほど脳内Pefumeで埋め尽くされてたので

そういった理由もあってだと思いますが。

そんなにダンスチューンでもないですからね(笑)

私はPefumeの曲は中田さんじゃなくで

一郎さんがやってみたら面白いのにと思います。

(もう今はすっかりPefume興味なし。)

【8位】multiple exposure

最近知った曲です。

懐かしい月は新しい月の月の波形に入っていたので知りました。

「そう、生きづらい そう、生きづらい そう言い切れない」という歌詞にとっても感銘を受けました。生きづらい生きづらい言ってて「おいおい大丈夫か」と思わせといて「そう言い切れない」って…

でもやっぱり生きづらいから祈るんですね。

何を祈るんでしょう。

 

【7位】Ame (B) –SAKANATRIBE × ATM version-

懐かしい月は新しい月の月の変容に入っているリミックスは結構どれも好きです。

原曲を超えてくる良さがあります。

中でもAme(B)はめっちゃ良い。

原曲ももちろん良いんだけど、

とにかくとにかくテンションがあがる!!!

イヤホンで聞きながら今にも踊りだしたくなる(笑)

【6位】ユリイカ

故郷を思い出す曲を書かせたら

右に出るものはいないですね。

私も札幌という地元を離れたので。

「いつ終わるかな 意味もないのに 生き急ぐ 生き急ぐ」という言葉、

しっくりきました。

「時が時が時が時が震える」のところの

盛り上がりなんかとってもぐっときますよね。

【5位】ミュージック

最近の曲では一番この曲が好きです。
始まりからかっこいいですし、
2番サビあと「振り返った季節に立って~」
からの盛り上がり方も良いです。
メロディが切ないですし、歌詞も切ないですよね。

【4位】三日月サンセット

イントロを聴くと「THEサカナクション
という気持ちがしてしまいます。
水面に移った月が雨の水滴で揺れるようなイントロ。
とっても情緒的です。

【3位】Ame(A)

この曲昔からなぜか特に好きです。
「雨はきまぐれ つまり心も同じ」
という最初のインパクトしかり、
感想部分のメロディもたまらなくかっこよい。
歌が終わった後が特に好きです。

【2位】ネイティブダンサー

アルクアラウンドを知って真っ先にPVをYoutube

見て「なんじゃこのPV!ループしてるじゃん!すげー!」

と思った後にネイティブダンサーのPV見て

もっと感動したことを覚えています。

アルクアラウンドだけだったら一発屋の可能性も

ありますが、ネイティブダンサーがアルクアラウンドと

全く違う方向でしかも私にどはまりしたので

「間違いない!」と決定づけたのです。

ピアノのメロディーを聴くと、雪の上を歩いているような

そんな気持ちを思い出します。

 

【1位】フクロウ

1位を決めることは難しい。

だってどれも素晴らしく良いから。

だけどやっぱりフクロウかな。

就職氷河期真っ最中に就活してて、イントロの「はぁー」

とため息つくところが妙に自分と重なって、

しかも冬だったから、白いため息がとても曲とマッチして

いたことを思い出します。

 

4位からは全部昔の曲なので思い出美化が入ってるかもですが、

やっぱり初期に良いと思った曲はいつまでも良いんですね。

寒さや、雪、夜を感じる曲は特に好きなんだと思います。

それらはきっと北海道独特の季節感というものだから。

 

次はまた違うアーティストでやってみたいと思います。

 

【サカナクション】SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour" 2015.10.17大阪城ホール

来る10月17日、久しぶりにサカナクション

ワンマンライブに行ってきました。

余韻がなかなか冷めないので、この際、前からやりたいと

思っていたライブレポのブログをたちあげて、

感想を書き溜めていきたいと思いました。

 

サカナクションは、大学3年生の時に知り、好きになりました。

王道ですが、ラジオからアルクアラウンドが流れてきたのがきっかけです。

そもそも、私自身札幌出身なので「サカナクション」の名前だけは

知っていました。RISINGにも出ていたので。

ですが、好きになったときにはもう東京へ行ってしまってました(笑)

遅かった…。今は無きステージ、MOON CIRCUSのサカナクション

見逃してしまったのは今でも悔しいです。

 

そんなこんなで私が大阪にやってきて3年。

大阪城ホールに来るのは初めてでした。

ワンマンライブはZeppSapporo以来。

 

[2015.10.17大阪城ホール1日目 セットリスト]

1.ナイトフィッシングイズグッド(Iw Remix)

2.アルクアラウンド

3.セントレイ

4.Klee

5.Aoi

6.蓮の花

7.壁

8.years

9.ネプトゥーヌス

10.さよならはエモーション

11.ネイティブダンサー

12.ホーリーダンス

13.夜の踊り子

14.SAKANATRIBE

15.アイデンティティ

16.ルーキー

17.新宝島

=====アンコール=====

18.グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)

19.ミュージック

20.モノクロオオサカ

21.Aoi(8Kカメラ撮影)

22.白波トップウォーター

 

 

場所はB-2ブロック。

ちょうど柵の近くで見ることができたのでとっても見やすい!

(でも自由があまり効かないので踊りづらかった。)

 

太鼓の達人 登場

開始時間15分前くらいだったろうか?

太鼓の人たちが登場しました。(後に紹介されるが名前失念。)

結構長く太鼓を見る。太鼓よりも観客の入り具合とか

通路なので立ってはいけないところに人が来たりとか

そっちの方ばかり気になってしまった(笑)

 

サカナクション登場

 ナイトフィッシングイズグッド「ラララッ♪」で登場。

太鼓がステージの端から端までズラーっと並んでいたので

「いやいや、どうやってこの太鼓避けるの?避ける時間かかるしょ!」

と思ってたらまさかの超高いところに5人現る!!!!!!!!!!!!

感無量。かっこよさ異常!!!!!!!!!!なるほど!これなら

太鼓も避けられるし、太鼓とかぶらないね!笑

スクリーンがひし形に切り取られてその真ん中に5人が立ってる。

スクリーンには映像が映し出されているから、まるでサカナクション

映像の一部のよう。

本当に、涙が出そうになりました。かっこよすぎて感動しちゃった。

 

※ここからは気になった曲をピックアップして感想。

 

years

とにかく魅せられた。光が差し込む海の底のよう。

ぐるぐるまわる上から差し込むレーザーが一郎さんの体に

あたって線をなぞる。

やわらかい2枚の布が風に煽られて不規則な動きをする。

本当に綺麗だった。素晴らしい。

 

SAKANATRIBE

ここでまた太鼓の達人が登場。

私がサカナクションをフェスでばっか見続けているうちに

「サカナトラーイブ」といいながら三角形を頭の上で

作るという標準ができていたようだ!知らなかった。

一郎さん、みんなを自由に踊らせたい一心でお手本のごとく

自由に踊りまくる!いいね!笑

 

■ルーキー

私はルーキーのレーザーの演出が前からとっても好きです。

「ちゃーちゃーちゃーちゃー♪」のところです。

自分の真上をレーザーが通ると空気中のほこりが

めっちゃ見えるんですよね笑 それがまたキレイ。

 

新宝島

待ってました!これライブで盛り上がるね~!

タンタン、オゥ!のところはPVと同じ振付をするのね。エンヤコラーヤット♪

一週間前にカラオケでやったから迷わずできた。

サビから2番に入るまでのあいだ、一郎さんはステップを踏んで

「みんなも同じくやろうよ!」って感じだったのに

お客さんが手拍子したので、「あ、そっち?」って感じに

はにかんだのが印象的でした。(その後一郎さんも手拍子に移行)

まだまだお客さんと一郎さんにギャップがあるよう。

 

■グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)

再びサカナクション登場。

DJサカナクションはほんとかっこいいね。

バンドももちろん良いけどいつか、DJだけのライブやってほしいな…

 

モノクロオオサカ

ほう!大坂に来てトウキョーやりますか。と思ったら

「オオサカッ」って言ったので客「わー!」

って感じ、わかってるねー。

大坂の人って東京に変な意識持ってるからね笑

ま、どこの地域でも使える良い曲だね笑

 

Aoi(8Kカメラ撮影)

世界に一台しかないNHKが持ってる8Kカメラで

Aoiの撮影をしていて、今回は盛り上がる観客側を撮りたいとのこと。

なんと、大阪城ホールスタンド席最後尾の人のほくろまで

見えるカメラなんだって。

きっと私めっちゃ映るかも!と期待をこめて盛り上がりました。

「CDかけるから盛り上がってね~」と一郎さんが冗談で言ったのですが

やっぱり、CDじゃ盛り上がれないですよね(笑)

 

白波トップウォーター

最後の曲にこの曲を持ってきてくれるんですね。

今回のライブはあんまり昔の曲をやってないイメージだったので

良かったです。しっとり終わる。

最後は5人が前に出て手をつないで礼をして帰っていきました。

 

 

■全体の感想

サカナクションのお客さんは全体的に年齢層高めというか、

年齢の幅が大きいので自分が浮かないなと思いました。

最近、フェスに言ってもロックキッズ達がわんさか居て

変に違和感を感じていたので、とても安心した。

いろんな世代に受け入れられる音楽を作っていることは

とても難しいことだと思うけど素晴らしいことですよね。

 

今回のライブはアルバムをひっさげてのツアーじゃないので

もしかしたら昔の曲めっちゃやるかも!?

と思いましたがそうでもなかったです。

私が特に思い入れのある、「フクロウ」「Ame(A)」「ワード」

最近で好きな「ユリイカ」「multiple exposure」の

どれ一つもやらなかったのでちょっと残念。

 

あと、自由に踊るってなんだろうと思いました。

結局、人目を気にしている自分がまだいるな。

自由に踊るという境地に立ちたいですね。

来年のオリックス劇場も行きたいなと思いました。

その時はもっと自由に踊りたい。

 

たくさんの感動をありがとうございました。

まだまだサカナクションについていきます。