書きたかった感想は全てここに。

主に音楽やお笑いレポ。たまに映画、小説、漫画のことなども。

【お笑い】シソンヌ単独公演「モノクロ」

2018年3月25日

シソンヌの札幌単独公演に行って参りました。

ブログ更新するのは久しぶりです。

なかなかお笑いライブに行く機会や、

感想を書きたいものに出会えておらず

ご無沙汰になりました。

 

この先ネタバレあるので

見たくない方はご注意願います。

 

-------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず一つ目は[本屋さん]のネタ

《※コント名がわからないのです。。。》

やばい女が初めて本屋さんにやってきて、

私に合う本を下さいと店員にお願いするというネタ。

 

大好きなじろうさんの女役。

じろうさんは、メイクや服装で女装しなくても

完全「女」に憑依できるのです。まずそこに感動!

ずっと今までテレビとかで少しシソンヌのコント見るくらいだったけど、

ちゃんと改めて見てみると凄く一つのコントの流れが良い!!!素敵。

初めての本屋⇨本の多さに圧倒⇨本を機械で探すことを知る⇨

じゃぁ、本をこんなに置いておく意味は?⇨

ふと、手に取った本が運命の本だったりすると教えられる⇨

じゃぁ私に合う本を教えて⇨ドリカム(オチ)

この流れが、なんかとても素敵でした。

このオチにまだ続きがあるとは露知らず……

 

二つ目[飛行機事故]のネタ

新入社員の社員研修かなにかで海外に行くことになったが、

空港で迷い、そんな時に同期の土岐(とき)を見つける。

しかし土岐は人見知りで全然打ち解けてくれない。

そして飛行機に乗ることはできたがその飛行機が途中で墜落する。

生存者は二人だけだったがそんな最中でも土岐は人見知りするというネタ。

 

じろうさん、女役のあとの人見知りキャラでまた感動…。

この人この短時間でなんでこんな別人になれるんだ。

人見知りのキャラは本当にこんな人いそうだなぁって特徴を捉えてる。

じろうさんが憑依型で演技力が高いのは言わずもがな、

長谷川さんも、ずっと長谷川さんのままなんだけど、

ちょいちょい演技が自然だなぁと!

 

 

三つ目[カラオケやさん]のネタ

一つ目のネタのやばい女が初めてカラオケにやってきて、

ドリカムの歌詞のメロディーを確かめにくるネタ。

 

↑この文章だけでもぶっとんでる。

一つ目のやばい女が本屋で仕入れたドリカムの歌詞集に

メロディーがあることを知り、自分が思い描いたメロディー

と本物のメロディーが合ってるかどうかを確かめに

カラオケに初めて足を運ぶ。。。ぶっとんでる!!!!

あー!こういうネタ大好きだなぁ〜!!シュールだなぁ。

続き物なのもいいし、誰も想像し得ないよ!

だって、カラオケに歌詞集を持って

メロディーを確かめにくるなんて……天才かよ。天才かよ…。

このネタ見れたとき、

「あ、今日来て本当に良かった!」と心の底から思えたのと、

これからシソンヌのファンだ!次のライブも絶対来る!

と確信。

 

四つ目[子供のち○ち○]のネタ

友達の新築マイホームに招待され、

友達の子供と絡むが、、、、というネタ。というか下ネタ!!

 

ほんと男っていつまでもガキなんだなぁ。

ガキでいたいんだろうなぁ…と思わせられた。

最後にこのネタ持ってくるとかどうかしてる笑

それにしても、舞台上には三人いるように見えたし、

私は子どもが裸になってしまったとこまで見えたぞ。

二人のコントなのにね。

 

 

終わりのトーク

テリーマンのお話から、ヤスケンに連れてってもらった

札幌のご飯屋さんのお話をしてました。

長谷川さんが、札幌の人に「どうですか、札幌は?」って聞いてて

天然なのかな?と笑

フリートークになると案外じろうさんがツッコミにまわるんだなぁ。

なんてところも見れたのが良かった。

 

とにかく初めてのシソンヌ、どうかなぁ?と思ってましたが

予想をはるかに超えて面白かった。これはまた次行きたい。

東京03のライブにしか行ったことなかったけど、

小1時間ほどでさっくり見れるお笑いライブも良いもんだなぁと実感。

 

あー、また好きなお笑いコンビ増えちゃったなぁ。

 

 

 

 

 

 

【漫画】きみが心に棲みついたについて【ドラマ】

きみが心に棲みついたがドラマ化されます。

きみが心に棲みついた 新装版 (上) (FEEL COMICS swing)

きみが心に棲みついた 新装版 (上) (FEEL COMICS swing)

 

 

もう6,7年前くらいに出会った漫画なんですけど、

結構衝撃的な印象を受けたことを今でも覚えています。

 

簡単なあらすじ(ネタばれなし)

下着メーカーに勤める小川今日子は小さな頃から極度の緊張しいで

どもり癖があり「キョドコ」というあだ名でいじめられてきた。

そんなキョドコは大学時代、星名という先輩に

「そのままでいいんだよ」と自分自身を初めて受け入れてもらえる。

しかし、この星名という男により、キョドコは星名の呪縛から

逃げられない運命となってしまう。

キョドコはどうにか自分を変えたいと思い、合コンに参加し

吉崎という男に出会うのだが………

 

 

といった内容なんですね。

星名の呪縛がキーワードです。

(優しさ→呪縛→DV………)

 

ドラマ版の予告動画


[新ドラマ] 吉岡里帆 連ドラ初主演!! 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』1/16(火)スタート【TBS】

 

なんということでしょう。

さわやかな男性のナレーションで

「二人の魅力ある男性の間で揺れ動く三角関係ラブストーリー」

とうたっているではありませんか!

 

 

魅力ある男性は1人しか出てこない件について

私が知る限りこの漫画には魅力ある男性は1人しか

出てこないんですね~。

なので、この予告少しおかしいんですよ。

考えられるに

①内容があまりにも過激すぎるのでドラマ用に改変

②予告で爽やかそうにして釣っといて地獄に落とす

のどちらかかと思われます。

 

私としては②であってほしいです。

そもそも、漫画の表紙もかわいらし~表紙で

思わず手に取った読者も読んでみたら「なんじゃこれ!!!」と

思ったでしょうからね~。

 

 

ドラマ楽しみなんですが、

どうか原作の世界観を変えないで欲しいです。

 

f:id:inecoineco:20171213173322j:plain

【お笑い】M-1グランプリ2017の感想

一年で一番わくわくする日かもしんない。

私の中でそのレベルまで達してきた、

M-1グランプリ

 

その感想を、今年も書きましょう。

や~良き戦いだったなぁ……

 

去年までの記事はこちら↓↓

inecoineco.hatenadiary.jp

inecoineco.hatenadiary.jp

 

 

決勝感想

 ①【ゆにばーす】

去年の敗者復活戦の時の印象とは、ほんとに変わりました。

去年の敗者復活戦ではハラちゃんの「いぇーい」とか

「ねぇねぇ」とか、だみ声と見た目のインパクトしか

残らない感じのコンビだったんだけど、

この大会では見事にその見た目のインパクトを上手く活かして

さらに、内容も磨きがかかっていた。

男女コンビにしかできない内容の漫才だったし、

ハラちゃんがかわいく思えるのも良かった。

一組目からこんなに惹きつけられる漫才ができるなんて、

大変素晴らしい。

恥ずかしながら、1ヶ月ほど前から川瀬名人のことを

よく調べる機会があって、川瀬名人にすごく注目してました。

漫才にかける思い、ダークな闇を抱えながら尖りまくってる

川瀬名人に、目が離せません……今後が楽しみなコンビですね。

 

本能Zで絡んでる川瀬名人と今田との小さな絡みがこちらとしては嬉しかった…!!

 

②【カミナリ】

うーん、この漫才の形を貫いていった先に、「優勝」の文字が

あるのかどうかそれがいまいち見えない。

知名度がもうそれなりについてきたから、上沼さんが言うように、

案外中身だけにこだわった漫才に切り替えちゃうのも良いのかもしれない。

だけど、自分達なりの漫才を貫くのも必要なことだしなー。

敗退のときに頭なでて笑い取ってたから、きっと柔軟な考えの

持ち主達なんだろうと思います。来年もバラエティでたくさん

見そうだなぁ~とは思います。

 

③【とろサーモン

とろサーモン、今まであんまり好きじゃなかったんですけど、

とにかくお笑いに対する見方を変えた今年からは、

(苦手意識を持ちすぎない・見た目や偏見で漫才を判断しない)

予選動画から面白いと感じてました。

いけすかない、もう世の中どうでもいいといったような

久保田のボケが、なんとも年を重ねると面白くなってきた。

また、くりぃむしちゅーの有田に通ずる面白さも持ってますよね。

時事ネタを少し挟むことでタイムリーさと、毒が出て

さらに面白くなるし、思ってた以上に面白かった。

 

④【スーパーマラドーナ】(敗者復活)

スーマラが敗者復活になるだろうとは下馬評でわかってましたので、

こりゃぁもしかしたら決勝3組に残るかも…と思うくらいやっぱり面白かった。

でも、武智さんが言うように、敗者復活戦でやったネタのほうが

面白かった感は否めない。スーマラが、敗者じゃなくて決勝に残ってたら

優勝狙えたのは確実ですね。

とにかく田中さんのボケが本当に好きなんですよね~。

田中さんのボケだけでもずっと見ていたい笑

 

⑤【かまいたち

2冠を取って「やらせだ!」「にゃんこスターのお情けだ!」

と言われようがなんだろうが、

本気で2冠を取って欲しかったし、取ると思ってた。

だから、決勝3組に残れなかったこと自体が本当に悔しくて残念。

はっきり言って、まじで、面白かったんだけどなーーーー。

山内らしさ、濱家らしさが出てる漫才だったと思います。

濱家めっちゃのってるなぁ~~~!!!とか思ってたんだけど、

あれすんごい走ってたらしい。そっか走ってたのか。

 

⑥【マヂカルラブリー

私は、好きではないです。

でも、今年はそういう偏見で見ないと決めているので、言わせてもらうと、

こういう奇抜でトリッキーなコンビが1組居るというのは

大変貴重で絶対に必要な枠だと思ってます。

動きや言い方で笑わせるのも漫才では必要で、

今までの大会で言ったらしずちゃんの火を怖がる牛とか、

春日とかそういう爆発ってあると思うんだけど、

そういう意味で言ったら爆発力も新鮮味も足りなかった。

ずっと同じ感じを続けるのもしんどかった。

 

川瀬名人が言ってましたけど、正統派漫才があるからこそ、

奇抜なやつらが目立ちます。

奇抜で自分達の面白さを貫く漫才も必要だし、万人受けする漫才も必要。

どんなに万人受けしなくても、こういう枠これからもひとつあってほしいな~。

(じゃなきゃ、推しのランジャタイもきっと決勝のステージにあがるのは無理。)

 

⑦【さや香

今大会一番のダークホース。

予選動画で初めて知ったコンビでしたが、

予選から面白いと思いました。

なんといっても、ボケ方がハッピーというか、

テレビ受けしそうなプラス思考なボケなんですよね。

(陣内も言ってたけど徳井的なボケ。なんでも興味持って

子どものように楽しむやつ)

こりゃ、子どもとか女性に特にうけそうと思いました。

これからネタ番組めっちゃ呼ばれるだろうな~

しかも二人ともイケメンだし、めっちゃテレビでるんちゃう?

 

⑧【ミキ】

ミキの弱いところはボケなんだよなー。

お兄ちゃん、うっるさくて言ってることわかんないとこあるけど、

結局お兄ちゃんのツッコミで笑わせてるから、

弟のボケの中身をもっと濃ゆくして深みをだして

伏線とかちりばめて最後回収する形にしたら

完全体になりそう。

 

つーか、お兄ちゃんめっちゃ好き笑

 

⑨【和牛】

 

審査員も言ってたけど、このまま行ったらまじで優勝ないぞと

中盤まで思いましたね。

あんな短い時間の中でこれだけ話しに時系列を持たせて

どかんと笑わせるのは本当にお見事だと思います。

 

和牛は今回、本人も視聴者も「優勝かも」と思いすぎたところが

良くなかった。和牛に良くも悪くも期待がかかりすぎている。

漫才が綺麗過ぎる。上手すぎる。

綺麗過ぎるゆえに、心にぐさっと刺さらない。癖になりにくい。

これからどうしていくんだろう。“和牛”というブランドが

確立してきていて、視聴者に飽きがこないうちに優勝

してほしいですけどねぇ。

それにしても、川西さん、上手すぎやろ!

毎年毎年上手くなるんだね~…感心。

2本目のおかみさんの演技とか、、、

川西さんコント上手そう。

 

⑩【ジャルジャル

ジャルジャルが、またジャルジャルらしいネタを持ってきた。

私は、前からジャルジャルはまらない派なんだけど、

本当この人達は、練習量の押し売りかよ!!笑(褒め言葉)と。

ジャルジャルがもし、決勝3組に残ってたとして、

次になんのネタをするのか。

2年前のようなことにならなかったのか…

なんて考えてしまいます…。

 

 

あと福徳がめっちゃ悔しがってたのが印象的。

あの場でボケたほうが、今後のテレビにつながるんだろうけど、

あんだけ悔しがってくれたらなんかこっちも

人生を賭けた勝負を見れて良かったなぁと思うし

みんなのこと応援したくなります。

 

決勝3組の感想

はっきり言って、3組どのコンビが優勝するかわからなかったのと、

どのコンビ優勝しても文句ないな~と思ってました。

強いて言えばミキかなーなんて思ってたんですけど、

ミキは一票も入らず…。

でもほんと、どこでも良かった!

とろサーモンおめでとうございます。

 

 

今回のM-1はレベルが高かった

近年で一番レベルの高い戦いだったな~って思います。

(どの口がどの立場から言うとんねんて感じですが)

みなさんの絶対勝つっていう熱い思いも伝わった。

M-1に対する熱い思いを持ってる人が多い戦いだったんだと思います。

(武智、川瀬名人、和牛、ジャルジャルとか特にそう)

ミキとかさや香とかは、もろにM-1を見て育って、お笑い目指して

この舞台に立ってると思うのでそういう世代が多くなって

きてるんですよねー。

正統派漫才も、トリッキーな漫才も最高!

とにかく、いつも笑わせるために一生懸命ネタ考えて

練習してるお笑い芸人に感謝です。

 

良い戦いをありがとうございました。

来年も楽しみにしています!!!

 

 

※ミキが舞台裏で転んだとき、上戸彩がまじで心配してたところに、

上戸彩の本気で愛されるポイントが詰まってる気がした。そりゃかわいいわ!

とろサーモン優勝して出てきた川瀬名人の笑顔が最高に素敵すぎ。

 

【お笑い】M-1グランプリ2017敗者復活戦の感想

今年もやってきましたね。


M-1の季節です。


なんだかんだで1年の中で大きなイベントとなってきています。

今年はGYAO!で予選の動画を見て予習することにしました。
予選のネタを見てしまうと、本番を楽しめないということを
一昨年学び、去年は予選動画を見なかったのですが、
どーにもこーにも見ずにはいられず、結局見てしまいました。

 

この一年で、またお笑いの見方が変わりました。
それは初見で判断しない。見た目で判断しないということです。
偏見を持たず、大きな心で見る余裕の出来た私が、
予選動画を見て「こいつらっ!!!!」と思った
最高のコンビがいました。それは、


ランジャタイ…!!!!!!!!!

 

かつて、アンタッチャブルで得た衝撃に似たような
衝撃を覚えました。
ぶっとんでる。でも、もう一回見たい!なんだったんだあれは!
という感じですね。まじでドはまり。
結局ランジャタイの準々決勝と3回戦のネタ3回ずつは見たかな。

 

そんなランジャタイですが、準決勝では最下位だったらしく、
なんとトップバッターでの出番でした。
これはいただけない!ランジャタイにトップバッターは似合わない。

 

案の定って感じでかなり微妙な空気が流れてました。
どうせなら、PK戦か太鼓寿司のネタやればよかったのになぁとか
思うんだけど…
でもまだ若いし来年に期待だなぁ。
どうかこのままぶっとんだ漫才してて欲しいのでつまんねーとか
そういう世論には目瞑ってて欲しいな。

 


敗者復活戦の中で面白かったのは、天竺鼠とスーマラ。
ということでランジャタイ(お情け&贔屓目)、天竺鼠、スーマラに投票しました。

f:id:inecoineco:20171203170049j:plain

 

ちなみに、3連単予想は①かまいたち②和牛③ミキです。
でもね、スーマラの感じ見てると、スーマラ入ってきそうなんだよね~。
あと2時間後。楽しみです。

【サカナクション】SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around大阪城ホール

6.1Sound Around千秋楽に行ってきました。
私は、一週間後札幌に引越しなので
最後の大阪ライブになります。

今回は一人参戦。もう慣れっこ。
大阪城ホールなんかでは特に思う。
なぜこんなにサカナクションが好きな人がいて、
私の周りには一人もいないのかと。
そして、友達と来ている人達はさぞ幸運だなと。

さて、前回の多分、風ツアーの整理番号が
過去最高にダメ番号だったんですが、

↓前回の記事↓

inecoineco.hatenadiary.jp


今回はFブロック。
Fブロック?それって結構だめじゃない?
と思ったのも束の間、Fブロックは
ラチナムブロックの一つ前…
一万円相当ってことで、本当に良いチケット
当たりました。場所もいい感じに前が誰もいない
ところをキープできまして、
一郎さんを目の前に直視できる位置にずっと
居ることができました。
周りのノリもすごく良い感じに合ってて良かった~!

 

では一曲ごとの感想を~といきたいところだけど
ピックアップの感想を。


3.アルクアラウンド
この曲からサカナクション好きになったな~としみじみ。
今も好きだけど、トップ10にも入らないくらい
いろんな曲が今は好き。

 

4.夜の踊り子
前の前のほうに、扇子を持ってきている観客がいました。
扇子だけにセンスあるなぁと思いました。え?笑

 

7.壁
スクリーン越しにフラッシュで写し出される
サカナクションを背景に、かすかに白い花。
それがだんだんと鮮明になってきて
そしてスクリーンが燃える演出。
自殺の曲にぴったりでした。

 

8.ユリイカ
今回やはりこの曲本当に好きだと実感しました。
涙がこぼれるかと思った~危なかった。
私が出てきたのはトーキョーではなく、オーサカですが、
それでもこの曲を聴くと他人事とは思えません。
札幌から大阪にでてきて、
寂しさは感じないけど、生き急ぐ感じを味わった。
“なぜかドクダミとそれを刈る母の姿を”
のときの映像で「あ、小樽…」と思いました。
実際小樽かはわかりませんが、きっとあの港は小樽。
サカナクションはこの街で終わらせることを決めましたが
私は、帰ります。

 

10.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
踊る人形が2体も出てきた(計8体+2人)なんかうけた笑

 

11.夜の東側
なんかアレンジされてる…!良い感じに踊れた。

 

12.三日月サンセット
え、またアレンジじゃない?笑 いいね~これこそライブ。

 

13.SORATO
サカナトライブ、SORATOじゃないやつ次見たいな。。。

 

15.アイデンティティ
わざわざ聴かないわりに、ライブだと
はんぱなく盛り上がるなぁとしみじみ実感。

 

☆アンコール☆
18.サンプル
映像良かった。裏方も紹介するところは愛を感じるし、
紹介してもらうと、あぁ、みんなで作ってるんだって
こっちもわかる。
サンプルって曲あんまみんなわからないのか
周りはだらけ気味だったような感じを受けた。

 

20.(新曲)
新曲良かった。あのーなんて言うの、一郎さんが
こぶしきかせてた。JPOPというか、演歌?なんか
不思議な曲だったんだけど、ピロピロもしてた笑
とにかく、なんか一番踊れた。踊り方が決まって無いし、
知らないから闇雲にのったら一番踊れて楽しかった。

 

21.目が明く藍色
この曲ってなんかサカナクションって感じ。
私は特別思い入れもないし好きってわけでもないんだけど、
最後の曲に選ばれても、あ~うん、そうだよね。って
受けいれられる。なんていうか、映画とか物語みたいな
曲だよね。


そして最後の2007年から2017年までのスクリーンで
思わずぐっと込み上げるものがありやられてしまいました。
ここまで応援してきて7年間ですが、ずっと良い音楽を
つきつめて提供してくれるサカナクションがいてくれて
本当に良かった。感謝しています。
そしてこれからもずっと応援していけたらいいな。
これからは札幌ですが、きっと一郎さんは「ただいま」って
言っているんだろうな。だから私も、そのただいまを
聴きに、札幌でもライブに行き続けよう。

 

補足:☆ザッキーの衣装これまたトリッキーでめっちゃいかしてた。最高。
   ☆姐さんのSORATOやミュージックのときの踊りが
    華麗で一生ついてくッッって思った。

【お笑い】東京03単独公演「自己泥酔」

 

だいぶ遅くなってしまいましたが、
東京03の単独公演「自己泥酔」の大阪公演の感想を
書きたいと思います。
去年初めて行ったときは一番前のほぼど真ん中という、
神がかり的な座席だったんですが、今回は2階席の真ん中の列あたりという
かなり悪い席でした。前回の公演↓

inecoineco.hatenadiary.jp


前回は3人が近過ぎて表情がまるわかりでどっぷり世界観に入り込んだんですが、
今回は、周りの感じが見えるようになったので、

またちょっと違う感じを味わいました。
前の人によって結構見え辛くなったり、なにより微妙な表情を捉えられなかったり、

Tシャツの柄すらよくわかんなかったりと、
笑いに影響も出てきたので、やっぱり後ろの席はいただけないな~と思いました。


ではここからネタばれですので、
これから公演を控えている人、DVDを楽しみにしている人、
その他諸々の方ご注意くださいね。
















 

1自慢話の話
東京03って感じのネタではじまりました。
角ちゃんがかっこつけてるときってのはだいたい
後から辱しめにあったりするんだよな~って、
もう天丼なんだけど、やっぱり!って感じで面白い。

 

2エリアリーダー
このネタ、豊本が角ちゃんに「やっぱり早かったですね!」って
言った後の間が今までのどんなネタよりも長く感じ、
(生で見てるからそう感じたのかも)
こちらも「何が早かったんだ!?なにが早かった!?」と随分考えました笑

 

3トヨモトのアレ
来ましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
え、みんな結構この公演でやっぱりこのネタ待ってたんだよね!?笑
飯塚さんが、あの事件の後「不謹慎かもだけど良いネタ思いついた。
コントにしてもいいかなー」ってつぶやいてたし、絶対来ると思ってたんだ。
東京03のファンはコメントで「ネタにしてください!」って

待ち望んでいるようだったし、私も豊本のあれは良くないと思うけど、

それよりなにより、飯塚さんの身の回りに
コントのネタになることが転がっているほうが重要なわけで、

豊本(の奥さま)には悪いけど今回豊本は良いネタを提供したんだと思っている。
東京03は、トヨミ以外ほぼ実名でネタをやっているけど、

プライベートのネタを持ち込んでくることって全然ないから、

とっても斬新で面白かった。

その前日、アメトーークでトリオ芸人やってたのも相当大きかった。

 

ステーキハウスにて
最高!角ちゃんが自由に暴走するネタ最高!
そしてそれを見て笑いをこらえきれなくなる飯塚さんもっと最高!!!!
それが大好物。
おかあさーーーーん!!!!!!!

 

5小芝居
飯塚さんお芝居上手(笑)
そしてオチもなかなかサスペンスで秀逸。
でも、オチの台詞にぴんとくるのが遅かったので
DVDでまた確認する。
豊本トヨミのところ、頭の中でつっこんでたら
まさにそのあと飯塚さんがつっこんでくれてスッキリした。


6悲しい嘘
このネタ、もうオチ知ってしまうと悲しくしかならない…。
これはもう優しくて悲しいネタ。
最初トヨミが二回出てきたかとおもったらアキコだった。
後ろの席はだめだ……

 

7謝ろうとした日
オークラのネタ豊本って、いっつもあんな感じのキャラクターな
気がするんだけど、オークラの中の豊本像ってどうなっているんだろう???
Tシャツを守る飯塚さんがかわいかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も相当面白かったし、何より笑い声めっちゃ大きかった!!!!
すげーうけてた気がする。
途中、お腹減っておなかの音ならないか心配でそれ考えちゃったから
失敗したなぁと思いました。
となりのほうで警告音(ケータイのアラーム)鳴ってたけどね!!!
やぁ、あの返しも本当さすがお見事だったなぁ。

あと、握手会のときいっつもなに言おうか迷ってまじどうでもいいこと
言っちゃうのほんと後悔する。
次からは「面白かったので絶対また来年も行きます」という定型句を
3人全員に言うことに決めた。
来年からは大阪離れて札幌だけど、絶対行きます。札幌なかなか人気そうだけど。

【サカナクション】SAKANAQUARIUM2017 ZEPP OSAKA BAYSIDE

大変遅くなりましたがサカナクションのライブレポートまとめたいと思います。

とはいえ、一曲ずつに感想を書いていたらとっても大変なことになるので
気になった曲などだけピックアップしますね。

 

今回のライブ、ライブハウスでやるからってのもあると思うけど
結構シンプルにバンドらしいライブでした。
その中でも聞けてよかった曲として
・ボイル
・SORATO
・聴きたかったダンスミュージックリキッドルーム
を挙げます。

ボイルをライブで聴いたのは初めてだろうか?
とても好きな曲。ただ、息継ぎポイントが絶頂に好きなので
その息継ぎがライブではなかったのが残念…。

SORATOはなんと、ライブ前にあったauの生配信見てなくって、
その後Youtubeにあがった動画も見てなくって
知らぬまま参加したもんだから
「Ame(B)リミックスもしくはmoonに歌詞がついとるで!!!」って
興奮してしまいました。歌詞がついた曲ができたのね。

そして最後の最後にテンションばちぼこ(最近の気に入り)あがった
聴きダン!!!!リキッドルームでしか聴けないんだと思ってたよ~!
最後、我を忘れるかのように踊ってやりましたよ!
いちろーさんもそうせって言ったしね。

 

今回のライブ、人生で一番整理番号最悪だったんだけど、
見えないのなんのって…。
自分が何しに来てたか忘れちゃいそうになったよ。
ライブ中ほぼ何も見てないよ(笑)
やっぱ後ろのほうはダメだな。

 

またね、私の斜め横に中国人のカップルがいたんだけど、
男が女を持ち上げるんです。一曲の間に一回以上は。
そんでもって「見えたかい?」「うんうん見えた~!」
的な会話をしてるんですよ、いや中国語知らないけどね。
それって日本のライブにおいて結構マナー違反じゃないですか。
持ち上げるは曲中に会話するわで。
気になってしょうがなくってね…。
海外の人がサカナクションを好きになってライブに足を運ぶのって
本当に凄いことだし嬉しいことなんだよなぁと思いつつ、
でも日本のライブに来てるなら日本のマナーを守って欲しいなぁとか
思いつつ、でもいちろーさんはライブに結構自由とか求めてそうだし…
どうなんだろうと思いました。

 

あと、いちろーさんがMCで「みんなネガティブワードを叫んでてとても
異様な光景だよ」と言ったのがとても印象的でした。
アイデンティティがなーいー!」「でも明日が見えなくってー!」
って、なんて病んでいるのかしら!本当にみんな大丈夫かしら!
私はこの言葉を聞いたとき、無心でただただ叫んでいたことを反省しました。
意味を持って生まれた歌詞なので、これからは意味をちゃんと考えて
叫ぼうと決意しました。(でも叫ぶ。)