書きたかった感想は全てここに。

主に音楽やお笑いレポ。たまに映画、小説、漫画のことなども。

【サカナクション】SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around大阪城ホール

6.1Sound Around千秋楽に行ってきました。
私は、一週間後札幌に引越しなので
最後の大阪ライブになります。

今回は一人参戦。もう慣れっこ。
大阪城ホールなんかでは特に思う。
なぜこんなにサカナクションが好きな人がいて、
私の周りには一人もいないのかと。
そして、友達と来ている人達はさぞ幸運だなと。

さて、前回の多分、風ツアーの整理番号が
過去最高にダメ番号だったんですが、

↓前回の記事↓

inecoineco.hatenadiary.jp


今回はFブロック。
Fブロック?それって結構だめじゃない?
と思ったのも束の間、Fブロックは
ラチナムブロックの一つ前…
一万円相当ってことで、本当に良いチケット
当たりました。場所もいい感じに前が誰もいない
ところをキープできまして、
一郎さんを目の前に直視できる位置にずっと
居ることができました。
周りのノリもすごく良い感じに合ってて良かった~!

 

では一曲ごとの感想を~といきたいところだけど
ピックアップの感想を。


3.アルクアラウンド
この曲からサカナクション好きになったな~としみじみ。
今も好きだけど、トップ10にも入らないくらい
いろんな曲が今は好き。

 

4.夜の踊り子
前の前のほうに、扇子を持ってきている観客がいました。
扇子だけにセンスあるなぁと思いました。え?笑

 

7.壁
スクリーン越しにフラッシュで写し出される
サカナクションを背景に、かすかに白い花。
それがだんだんと鮮明になってきて
そしてスクリーンが燃える演出。
自殺の曲にぴったりでした。

 

8.ユリイカ
今回やはりこの曲本当に好きだと実感しました。
涙がこぼれるかと思った~危なかった。
私が出てきたのはトーキョーではなく、オーサカですが、
それでもこの曲を聴くと他人事とは思えません。
札幌から大阪にでてきて、
寂しさは感じないけど、生き急ぐ感じを味わった。
“なぜかドクダミとそれを刈る母の姿を”
のときの映像で「あ、小樽…」と思いました。
実際小樽かはわかりませんが、きっとあの港は小樽。
サカナクションはこの街で終わらせることを決めましたが
私は、帰ります。

 

10.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
踊る人形が2体も出てきた(計8体+2人)なんかうけた笑

 

11.夜の東側
なんかアレンジされてる…!良い感じに踊れた。

 

12.三日月サンセット
え、またアレンジじゃない?笑 いいね~これこそライブ。

 

13.SORATO
サカナトライブ、SORATOじゃないやつ次見たいな。。。

 

15.アイデンティティ
わざわざ聴かないわりに、ライブだと
はんぱなく盛り上がるなぁとしみじみ実感。

 

☆アンコール☆
18.サンプル
映像良かった。裏方も紹介するところは愛を感じるし、
紹介してもらうと、あぁ、みんなで作ってるんだって
こっちもわかる。
サンプルって曲あんまみんなわからないのか
周りはだらけ気味だったような感じを受けた。

 

20.(新曲)
新曲良かった。あのーなんて言うの、一郎さんが
こぶしきかせてた。JPOPというか、演歌?なんか
不思議な曲だったんだけど、ピロピロもしてた笑
とにかく、なんか一番踊れた。踊り方が決まって無いし、
知らないから闇雲にのったら一番踊れて楽しかった。

 

21.目が明く藍色
この曲ってなんかサカナクションって感じ。
私は特別思い入れもないし好きってわけでもないんだけど、
最後の曲に選ばれても、あ~うん、そうだよね。って
受けいれられる。なんていうか、映画とか物語みたいな
曲だよね。


そして最後の2007年から2017年までのスクリーンで
思わずぐっと込み上げるものがありやられてしまいました。
ここまで応援してきて7年間ですが、ずっと良い音楽を
つきつめて提供してくれるサカナクションがいてくれて
本当に良かった。感謝しています。
そしてこれからもずっと応援していけたらいいな。
これからは札幌ですが、きっと一郎さんは「ただいま」って
言っているんだろうな。だから私も、そのただいまを
聴きに、札幌でもライブに行き続けよう。

 

補足:☆ザッキーの衣装これまたトリッキーでめっちゃいかしてた。最高。
   ☆姐さんのSORATOやミュージックのときの踊りが
    華麗で一生ついてくッッって思った。

【お笑い】東京03単独公演「自己泥酔」

 

だいぶ遅くなってしまいましたが、
東京03の単独公演「自己泥酔」の大阪公演の感想を
書きたいと思います。
去年初めて行ったときは一番前のほぼど真ん中という、
神がかり的な座席だったんですが、今回は2階席の真ん中の列あたりという
かなり悪い席でした。前回の公演↓

inecoineco.hatenadiary.jp


前回は3人が近過ぎて表情がまるわかりでどっぷり世界観に入り込んだんですが、
今回は、周りの感じが見えるようになったので、

またちょっと違う感じを味わいました。
前の人によって結構見え辛くなったり、なにより微妙な表情を捉えられなかったり、

Tシャツの柄すらよくわかんなかったりと、
笑いに影響も出てきたので、やっぱり後ろの席はいただけないな~と思いました。


ではここからネタばれですので、
これから公演を控えている人、DVDを楽しみにしている人、
その他諸々の方ご注意くださいね。
















 

1自慢話の話
東京03って感じのネタではじまりました。
角ちゃんがかっこつけてるときってのはだいたい
後から辱しめにあったりするんだよな~って、
もう天丼なんだけど、やっぱり!って感じで面白い。

 

2エリアリーダー
このネタ、豊本が角ちゃんに「やっぱり早かったですね!」って
言った後の間が今までのどんなネタよりも長く感じ、
(生で見てるからそう感じたのかも)
こちらも「何が早かったんだ!?なにが早かった!?」と随分考えました笑

 

3トヨモトのアレ
来ましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
え、みんな結構この公演でやっぱりこのネタ待ってたんだよね!?笑
飯塚さんが、あの事件の後「不謹慎かもだけど良いネタ思いついた。
コントにしてもいいかなー」ってつぶやいてたし、絶対来ると思ってたんだ。
東京03のファンはコメントで「ネタにしてください!」って

待ち望んでいるようだったし、私も豊本のあれは良くないと思うけど、

それよりなにより、飯塚さんの身の回りに
コントのネタになることが転がっているほうが重要なわけで、

豊本(の奥さま)には悪いけど今回豊本は良いネタを提供したんだと思っている。
東京03は、トヨミ以外ほぼ実名でネタをやっているけど、

プライベートのネタを持ち込んでくることって全然ないから、

とっても斬新で面白かった。

その前日、アメトーークでトリオ芸人やってたのも相当大きかった。

 

4ステーキハウスにて
最高!角ちゃんが自由に暴走するネタ最高!
そしてそれを見て笑いをこらえきれなくなる飯塚さんもっと最高!!!!
それが大好物。
おかあさーーーーん!!!!!!!

 

5小芝居
飯塚さんお芝居上手(笑)
そしてオチもなかなかサスペンスで秀逸。
でも、オチの台詞にぴんとくるのが遅かったので
DVDでまた確認する。
豊本トヨミのところ、頭の中でつっこんでたら
まさにそのあと飯塚さんがつっこんでくれてスッキリした。


6悲しい嘘
このネタ、もうオチ知ってしまうと悲しくしかならない…。
これはもう優しくて悲しいネタ。
最初トヨミが二回出てきたかとおもったらアキコだった。
後ろの席はだめだ……

 

7謝ろうとした日
オークラのネタ豊本って、いっつもあんな感じのキャラクターな
気がするんだけど、オークラの中の豊本像ってどうなっているんだろう???
Tシャツを守る飯塚さんがかわいかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も相当面白かったし、何より笑い声めっちゃ大きかった!!!!
すげーうけてた気がする。
途中、お腹減っておなかの音ならないか心配でそれ考えちゃったから
失敗したなぁと思いました。
となりのほうで警告音(ケータイのアラーム)鳴ってたけどね!!!
やぁ、あの返しも本当さすがお見事だったなぁ。

あと、握手会のときいっつもなに言おうか迷ってまじどうでもいいこと
言っちゃうのほんと後悔する。
次からは「面白かったので絶対また来年も行きます」という定型句を
3人全員に言うことに決めた。
来年からは大阪離れて札幌だけど、絶対行きます。札幌なかなか人気そうだけど。

【サカナクション】SAKANAQUARIUM2017 ZEPP OSAKA BAYSIDE

大変遅くなりましたがサカナクションのライブレポートまとめたいと思います。

とはいえ、一曲ずつに感想を書いていたらとっても大変なことになるので
気になった曲などだけピックアップしますね。

 

今回のライブ、ライブハウスでやるからってのもあると思うけど
結構シンプルにバンドらしいライブでした。
その中でも聞けてよかった曲として
・ボイル
・SORATO
・聴きたかったダンスミュージックリキッドルーム
を挙げます。

ボイルをライブで聴いたのは初めてだろうか?
とても好きな曲。ただ、息継ぎポイントが絶頂に好きなので
その息継ぎがライブではなかったのが残念…。

SORATOはなんと、ライブ前にあったauの生配信見てなくって、
その後Youtubeにあがった動画も見てなくって
知らぬまま参加したもんだから
「Ame(B)リミックスもしくはmoonに歌詞がついとるで!!!」って
興奮してしまいました。歌詞がついた曲ができたのね。

そして最後の最後にテンションばちぼこ(最近の気に入り)あがった
聴きダン!!!!リキッドルームでしか聴けないんだと思ってたよ~!
最後、我を忘れるかのように踊ってやりましたよ!
いちろーさんもそうせって言ったしね。

 

今回のライブ、人生で一番整理番号最悪だったんだけど、
見えないのなんのって…。
自分が何しに来てたか忘れちゃいそうになったよ。
ライブ中ほぼ何も見てないよ(笑)
やっぱ後ろのほうはダメだな。

 

またね、私の斜め横に中国人のカップルがいたんだけど、
男が女を持ち上げるんです。一曲の間に一回以上は。
そんでもって「見えたかい?」「うんうん見えた~!」
的な会話をしてるんですよ、いや中国語知らないけどね。
それって日本のライブにおいて結構マナー違反じゃないですか。
持ち上げるは曲中に会話するわで。
気になってしょうがなくってね…。
海外の人がサカナクションを好きになってライブに足を運ぶのって
本当に凄いことだし嬉しいことなんだよなぁと思いつつ、
でも日本のライブに来てるなら日本のマナーを守って欲しいなぁとか
思いつつ、でもいちろーさんはライブに結構自由とか求めてそうだし…
どうなんだろうと思いました。

 

あと、いちろーさんがMCで「みんなネガティブワードを叫んでてとても
異様な光景だよ」と言ったのがとても印象的でした。
アイデンティティがなーいー!」「でも明日が見えなくってー!」
って、なんて病んでいるのかしら!本当にみんな大丈夫かしら!
私はこの言葉を聞いたとき、無心でただただ叫んでいたことを反省しました。
意味を持って生まれた歌詞なので、これからは意味をちゃんと考えて
叫ぼうと決意しました。(でも叫ぶ。)

【映画】鑑定士と顔のない依頼人

鑑定士と顔のない依頼人を見ました。
とっても好きな感じの映画でしたので
感想を書き留めておきたいと思います。

・・・以下ネタばれありなのでご注意・・・

 

 

 

 

 

 

まず驚いたことは、この映画を見終わって、
ネットで感想や解説を見たときに「ハッピーエンドだった」
と言っていることがいること!(しかも結構な数)
私は見終わった瞬間

 

空前絶後超絶怒涛のばちぼこバッドエンドやんけ!

 

と感じましたよ。
その感じ方の違いは何もかも失ってしまったあとの時系列の
捉え方によるそうなんですが、
なんとなく私が感じた時系列のほうが正しいように思っています。

 

【私が考えた時系列】
ヴァージルが何もかもを失う⇒クレア(偽)の家に向かうが鍵がかかっている
⇒本物クレアに話を聞く⇒ロバートの職場に向かうももぬけの殻
⇒クレア(偽)との愛の日々を回想しながら電車に乗ってプラハへ向かう
⇒ナイト&デイが本当に存在した。。歯車だらけの内装であった。
そこで虚勢を張り(もしくは信じ込みたくて)「連れを待っている」と
言うが当然クレアは来ず⇒病院で廃人と化す⇒END

 


なぜ、私の考える時系列が正しいと思うかというと、
もしハッピーエンド勢の考えるようにラストが「ナイト&デイ」である場合、
映像は見たままの通り時系列で進んでいることになります。
そうなったとき、もう終わったであろう(克服したであろう)グルグル廻る
機械でのリハビリ映像をところどころに挟んでくる意味がなくなってしまいます。
あの描写がところどころ入ってくるということは、あの機械で回されているときに
考えている「回想」であると考えられます。
ということは、あの機械のシーンがラストなのではないでしょうか。
となるとあの表情。とてもハッピーエンドとは思えません…。

愛を知らずして死ぬよりは、本物を愛を知っただけヴァージルは
幸せだったのでは?というハッピーエンドを唱えているかたもいました。

なんとなく理解できなくもないですが、
本当に心の底から愛した人に裏切られ、元カノ(絵)との思い出も
全て奪われてしまったわけです。
愛した人との別れはいついかなるときも哀しいでしょう。

さらに追い討ちをかけるかのように裏切られているわけです。
「こんなことなら、愛なんて知らなくてよかったよ!!!!」
と私は考えてしまいますね。
いえ、そのときはそう思ってしまっても、普通は時間が解決するものなんです。
「あんなこともあったよなぁ~!あのときはまじでしんどかったけどさぁ~ははは苦笑」って。
でも、ヴァージルはそんな清算の方法も知らなければ時間も無い。
愛による優しさやあたたかさ、冷たさや苦しさは若いうちに味わっておくべきで、
年を重ねてから初めて味わっても乗り越えられる心も時間も持ち合わせていないのです。

話は変わりますが、この物語、ビリー目線で見たときめちゃくちゃスカッとする
物語になっていると思いませんか。
復讐のために壮大な仕掛けを考え、長い時間をかけてようやく復讐を果たしたお話。
画家としての才能もけなされ、サクラとしての生涯を強いてきた悪徳鑑定士よ、
少々かわいそうだがざまぁみろ!って。
主人公が誰かによって物語の見方は本当に変わりますね。

 

「贋作のなかにも本物はある」がこの映画のテーマだとすれば
クレアののなかにも本物の愛があったってことですよね。
私には見つけられませんでした。
いつかまたもう一度見たときに見つけてみたいものです。

【お笑い】M-1グランプリ2016の感想

今年もM-1の季節になりましたねぇ。
去年同様、少し感想を書き溜めたいと思います。
ちなみに去年の感想はコチラ。

inecoineco.hatenadiary.jp

 

なんだか去年の自分と今の自分、似ている部分もあれば
違う部分もあって、面白い。


去年ことを学習し、今年は一切予選動画を見ずに
敗者復活戦から見ました。
敗者復活は去年1組だけの投票でしたが、
今年は3組投票できるようになりましたね。
私は1組だけで良いのになぁと思いました。
3組も選ぶの難しかった。
ちなみに、かまいたち・メイプル・和牛に投票しました。
そして、優勝予想の本命は銀シャリ、2番目はスーパーマラドーナ
ってな感じでした。

それでは1組ずつの感想を、1本目2本目織り交ぜて。

 

【アキナ】
1組目は本当に会場の空気も温まって無いし大変だと思います。
そんななかではやりきったという感じでしたが、
なんだかアキナっぽくない(といっても関西のバラエティで見る程度しか
知りませんが)と感じました。緊張のせいかなぁ。


【カミナリ】
ほぼ所見のコンビです。なんかツッコミが勝俣みたいだなぁと
思いました(笑)
最後のほうにかけて盛り上がっていった印象がありました。


相席スタート
去年の敗者復活戦の時から嫌いでした!!!!!!
だから正直今年決勝残ったことを知ったとき
へ~人気なのかい!とびっくりしました。そしてネタは野球ネタ。
野球のルールいまいちわからん人にとっちゃぁ、ストライクだの
ボールだの意味わかんないんですよ。すんません。

 

銀シャリ
今年は銀シャリ来るんじゃないかなぁと期待を込めて見ていました。
昔はそんなに面白いと感じなかった銀シャリですが、
最近面白いと感じるようになったんですけど、
これは鰻さんが変わったんじゃないのかと思います。
橋本さんは以前から結構イメージ強かったんですけど、
鰻さんの印象全然なかったので。
ネタは1本目のほうが抜群に面白かったですね~…。
そこが本当に残念でした。2本目も間違いなく面白い!と
言えたらもっと良かった…でも優勝は納得です。
つまんなかったって言う人もいるでしょう。
そりゃ、審査員だってあんなに票割れたんだから、もう好みの世界になって
くると思います。「つまんないのになんで優勝なんだ!!!」」
ってもう出てしまった結果に対していろいろ言ったところで
「じゃぁ優勝は取り消し!」なんてならないのに。
もちろん、気持ちはわかりますよ。
過去の優勝者全部一番面白かったかっていったら、私にとってはそうでない年もある。
でも、結局その年一番面白かったっていう結果が出てしまった以上
「私が少し笑いのツボずれてんのかも」とか思ってましたけどね。
私のブログに「銀シャリ つまらない」「銀シャリ おもしろくない」
で検索して飛んできてる方がいるのでつい熱くなってしまった。


スリムクラブ
ぶっとびすぎて、違う世界の人の漫才を見ているのかなぁ
って思いました(笑)あれは、確かにあの場でやることじゃぁないです。笑
私はシュールなの好きなので嫌いじゃなかったですけど
それでも最後のほう置いてかれました…異次元wwww
でも、キャッチコピー通り一言の爆発力はあるんですよね。
だから全く笑えなかったわけではなかった。でも置いてかれた…。

 

【ハライチ】
去年の屈辱を晴らしに来たと思ったら、ハライチお得意のネタではなく、
新たなネタに挑戦してきましたね。
澤部よ、まだ売れたいか(笑)
めっっっちゃ忙しいだろうにまだ漫才やってネタつくって
賞レースに出ることは尊敬できますが、澤部がこれだけ売れてる以上、
なんだか優勝はないんじゃないかなぁと思ってしまいます。
そして肝心の漫才も変えた挑戦はすごいけど、やっぱりハライチなら
ハライチの漫才が見たいかな。

 

スーパーマラドーナ
いやぁ、好きですね~去年に引き続き!
私は1本目のほうが好きなんです。2本目もすごく評判良いですが。
スーマラの好きなところは、田中さんがぶっとんだ役をやりながら
女役もやって、なおかつホラーミステリー仕立てなところなんです。
まるで小説を読んでるみたいな気持ちになります。
やっぱ田中さんがサイコパスであればあるほどいいなぁ。
1本目の最後きりっとしてる田中でめっちゃ笑いました。
来年は優勝して欲しいな~。

 

さらば青春の光
今思い出せることは「能」と「浄瑠璃」のみです。
それ以外、なんか言ってましたっけ?笑

 

【和牛】
敗者復活はやはり和牛でしたね~。
私は2本目のネタのほうが好きで、優勝和牛かも!って
思いました。
どっちもカップルネタでかぶってたって意見がありますけど、
和牛って結構そんなネタ多くないです?(あまり知らないので
違うかもですが)川西さんが彼女になるの多いし、
川西さんが彼女役をやるとめっちゃ映えますよね。
川西さんのやる女って腹黒いのに聞き分けの良い女って感じ。
川西さんって噛むのかなぁ…アナウンサーばりの早口&聞き取りやすさ
だと思うんですけど。川西さんて……あれ、川西さんのことばっか
考えてら。
来年はスーマラとの一騎打ち?う~ん…川西VS田中やな~(私の中では。)

 

と、まぁこんな感じでした。
今回、優勝予想の3連単というのがホームページ上であったんですけど、
それを番組内で発表したんですよね。
私はホームページ見てたので知ってましたけど、
あれわざわざ言う必要ないと思いました。
世間の人気予想なんて先入観植え付けると思うので。
日本人はみんなが面白いって言う人を面白いと思うんですよ。
でも、その時のコンディションとかネタとか順番とかで
面白さは変動するし、だからそういう前情報はいらないと思うんですけどね~。

あと審査員の人数減りすぎです…。
これじゃぁ、同点2位二組、同点3位二組みたいなことになりますって!
そんなん後々困るのはスタッフでしょう!!!!!!
もしあのまま決勝に残っちゃったりしたらどっちを決勝に残す???とかで
なんやかんややらなきゃいかんのだから!
もうちょっと審査員増やそうよ~~~~~~。


今年もM-1終わっちゃった。
もう今年も終わるってことやな。

【お笑い】東京03単独公演「明日の風に吹かれないで」

東京03単独公演「明日の風に吹かれないで」

大阪 サンケイホールブリーゼ行ってきました。

感想書こうと思って一週間も経っちゃった。

初めての生東京03。初めてのお笑い単独公演。

なんと席は最前列のほぼど真ん中。

それでは、感想書きます。ネタばれあるので注意です。

 

====================================================

【新郎と友人】

角ちゃんが結婚式の最中にお嫁さんを奪われた話。

このネタはネタがどうこうというより、

東京03が近い。」

「角ちゃんの動きって、劇団員みたいにオーバーだ。」

「とにかく、近すぎる。」

ってことしか考えられなく、ドキドキしてたので

面白い面白くないとか考えられなかった笑

 

【同意見】

飯塚と角田は、杖を売る会社に勤めてるんだけど、

そこで売ったダイヤモンドシャイン的な色の(色名失念)

杖がめっちゃ売れたってことで、この後どうするか会議

してたんだけど、飯塚が、「限定500本だったけど2000本に

しちゃいましょーよ」って言ったら、角ちゃんが

「そんな安易な考えゆるさーん!」って怒るんだけど、

その後豊本部長がやってきて「2000本に増やそう!」って

言うと……という内容でした。

これはね、いつもの角ちゃんだ~意見すぐ乗り換えちゃう

やつだ~なんて見てたら、角ちゃんの正論に、ほんと

うなずいちゃったよね!飯塚さんもあぁなるわ~笑

 

【夢破れて】

これまた、角ちゃんが近いのなんのって!

電車乗ろうとするとき、まん前まで来るから

ほんと飛び出してきちゃうんじゃないかって(笑)

天丼ですよね、天丼。

角ちゃんが語りだしちゃうと「あ~~!!!待って待って!」って

感じになっちゃう。後が予想できてるのに笑っちゃう。

そして、客席を向かいのホームと見立ててるのが

面白かった(笑)

「そんなに大勢でどこ行くの???」って!!!!!!

 

【後継者】

竹細工の後継者として飯塚を迎えたはいいものの、

頑固親父の角ちゃんは「見て覚えろ!」とだけ言って

一向に教えないまま3ヶ月が過ぎた…ってネタ。

角ちゃん、師匠の格好似合いすぎる!

豊本の爆発ぶりも面白かったけど、飯塚さんのつっこみ

面白かったな~!あんた79(?)でこっちは45歳で

二人ともそんなにのんびりしてられないですから!って、

その通りだし(笑)

80近くのおじいさんからみたら、40代なんてまだ若いかもだけど、

40ってそんなにのんびりしてられないよなぁ笑

 

 

【蓄積】

このネタが一番笑った。

飯塚の家でたこやきパーティーをしようってことで、

たこやき器や材料の準備をせっせとする飯塚。

角田と豊本を呼んでるんだけど、角田も豊本も

たこ焼きやさんのたこ焼きを買ってくる。

そんな二人に激怒した飯塚は二人に暴力を

振るうんだけど、角田はなぜたこやきごときで

こんなに暴力を振るわれなきゃいけないのかさっぱり

理解できない……。ってネタ。

やっぱ「ちくせきぃぃぃ~~~~~!!!!!」

の部分wwwめっちゃ笑ったwwww

はっきり言って途中あんま覚えてなくて、(面白くて)

DVDが楽しみ!最後の最後、角ちゃんをおたまで殴るとこ、

この公演で初めて柄の部分で殴ったらしく、暗転後も飯塚めっちゃ

笑ってた。最前列の特権だと思いました(笑)

 

【プロポーズの返事】

角ちゃんが豊美にプロポーズをし、その返事を聞くために

バーで待ち合わせをしている。

バーの店員飯塚に、プロポーズが成功したらこの花束を

持ってきてくださいとお願いする。

豊美がやってきて、プロポーズの返事をするが……

ってネタ。

これも、天丼。待っちゃうよね~天丼のときって!

喋ってるのは豊美と角ちゃんなのに、

はっきり言って飯塚のほうばっか見ちゃう(笑)

「……でもね!」の時、飯塚さんガチ転びしたっぽい笑

「あとね~~~~!?」の飯塚さんで笑ったwww

 

【海の見えた家で】

角田が会社を辞めて、海の見える家を購入したというので

豊本と飯塚は遊びに来る。

角田は、うらやましいだろと言わんばかりに

海の見えることをアピールしてくる。

が、実際は全然見えない。全然見えないことを、

どう角田に切り出そうかと豊本と飯塚は悩む……

ってネタ。

結局私は飯塚さんで笑ってしまうんだけど、飯塚さんの

「つっこみ」面白かった(笑)

角ちゃんが若干ホラーがかってた笑

そして、豊本のこういう無頓着無関心キャラも若干怖い。

 

 

====================================================

いやぁ、本当に面白かった。

今までDVDで見てきて、こんなに笑ったことないかもしれない。

それはやはり生で見たからなんだろうか?

それともこの公演自体完成度かなり高めだったんだろうか??

今まで生で見てこなかったこと本当に悔しい気持ちだけど、

これからはずっと生で見続けようと思いました!

そして、DVDになったときまたどう変化しているのかが

楽しみです。

【映画】レ・ミゼラブル

アンハサウェイが好きでずっと見たいと思ってたのに

後まわしにしていた、「レ・ミゼラブル」を見ました。

 

《あらすじ》

1815年、ジャン・バルジャンは、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌと知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

 

見終わった後、なぜかポロポロ涙が止まらなかった。

一体自分が何に対して泣いているのかわからない涙だった。

最後、ジャン・パルジャンにとって悲しい終わり方では無いはずなんだけど、

見終わった後ズドーンとした気持ちになって、結構引きずった。

悲しくて泣いたのか、嬉しくて泣いたのか、綺麗で泣いたのかわからない。

 

冷静になって考えたら、

序盤、ファンテーヌが売春婦になってどうしようもなくなって

「夢やぶれて」を歌ったところにすこしグッときた。

 

そして最後の最後、ファンテーヌがジャン・パルジャンを迎えに来て

天に召されたときもグッときた。

 

だけど、一番私にとって印象的だったのはエポニーヌである。

この子の「On My Own」にやられたと思う。

かわいそう。

ただの片思いなんだけどね。でもとてつもなくかわいそう。

「目を瞑れば彼が現れる」

「彼の世界に私はいらない」

「わたしは独り」

そして彼のために亡命する…。彼の腕の中で眠る彼女を見て、

きっと彼女は幸せだろうと思った。

誰だって好きな人ために、好きな人の腕の中で死ねたら本望でしょう。

 

エポニーヌのことを考えたら、今でもウルっときてしまう。

ジャン・パルジャンの物語なんだけど、登場人物それぞれの物語があって、

登場人物それぞれの葛藤と決心が歌となって響いてくる。

とても良い映画だった。