書きたかった感想は全てここに。

主に音楽やお笑いレポ。たまに映画、小説、漫画のことなども。

【お笑い】M-1グランプリ2018の雑記

M-1の感想についての記事はこちらです

inecoineco.hatenadiary.jp

審査員&動画について

M-1に出る以上、どんな審査をされても
真摯に受け止める覚悟がないといけないと思います。
かつて第一回目のM-1では、
おぎやはぎが9点という点をもらってます
(審査方法も違うし、地域からの点ですが、9点はうけすぎる笑)
マヂカルラブリーは上沼さんに怒られて
今年それをネタに昇華させ、三四郎にかぶせてきました。

コンテストである以上審査員が居なくては
大会が成り立たないんですけどね。
もし、審査されたくないなら、
出場しなければいいだけの話です。
今回ハライチ、カミナリ、去年に引き続きメイプル超合金
出場していません。理由は様々だとは思いますが。
出場しないという勇気もないくせに
後からお酒の勢いに任せてなんて……残念すぎるなぁ。
私は、スーマラが好きで、武智がM-1から去ることが
本当に悔しそうだったので心打たれたのですが、
こんなことになってとてもショックでした。
まだM-1はこれからも続くし、
まだ出場権のある芸人もいるのに
その人たちを巻き込んでしまったことを
これから反省してほしいですね。

 

 

敗者復活戦について

 

敗者復活戦の方がドキドキワクワクしました!
ていうのも、どうせミキだろ!って思ってたら
意外にツイッターの反応とか
動画の再生数とかで、
金属バットだったり、プラスマイナスの名前が目立ったので、
これはもしや!!!!????ミキじゃない!?!?!?
と思ったんですが…
まぁ蓋を開けてみればミキでしたね。
でも、金属バットが地上波で見れてこの上なく感動。幸せ。
終わった後のトークも最高でしたね~。
たくろうも面白かったな〜。

 

凄く若いのに肝の座った漫才をする芸人がまだまだいます。
来年は若手がもっと出てくる大会になるといいですね。
四千等身とか、まんじゅう大帝国などなど。
推しのランジャタイも頑張って欲しいな。

 

 

【お笑い】M-1グランプリ2018の感想

1年で一番わくわくする日、
M-1の季節がやってきました。
今年も相変わらず素人が素人の目線で
ただのなんでもない
感想を述べていきます。


去年の記事はこちらです。

inecoineco.hatenadiary.jp

 

ちなみに、笑いのツボは千差万別。
私が面白いと思ったコンビを面白くないと思う人も居れば
面白くないと思ったコンビを面白いと思う人も居ることくらいよく、
わかってます。なので、あまり気にしないでくださいね。
この記事は審査や批評ではなくあくまでも感想です。


それにしても、今回の大会はずーっと空気が重かった。
その空気はトム・ブラウンあたりから少しずつ回復し、
それを100%打開したのは霜降り明星だったのかもしれない。

 

あ~なんてピリピリした大会だったんだろう。


見取り図が悪いとは言わないけど、
見取り図に対する審査員の意見が辛辣すぎて
その空気がお客さんにも伝染し、ずっと引きずっていたように感じる。
笑いどころなのにシンとした会場。
トム・ブラウンの順番的にはベストなタイミングだったけど、
会場の雰囲気次第ではきっともっと爆発しただろうなって。

 

 では一組ずつの感想です。

 

 1、見取り図

良くも悪くも"普通"の漫才の印象。お得意の"あたおか"も、
「トレンドになりたいワードなんだろうなぁ」という意図が
見え見えな感じがするんです…
ジャルジャルのドネシアとかゼンチンは全くそんな感じがしないんだけど。
あたおかは、さらばのイタトンと同じことなのでどうしても既視感がある。
爆発してほしい後半でのあたおかというワードは、M-1では弱い武器かな…
それにしても、審査員全員が全員辛辣な評価でしたね。
言っても4640組の10位以内に入ってるコンビなんだから、
一人くらいにははまっても良いもんだけど、
こうもはまらないなら、なぜ決勝に選んだのってなるし…。
去年トップバッターのゆにばーすが
しっかり空気作ったことに比べて
トップバッターの仕事できなかったから…とかなんでしょうか。


さ!始まったぞというM-1独特のお祭りのような空気が、
ここからズーンと重たくなりました。

 

 2、スーパーマラドーナ

私は結構好きなネタでした。
きっと、ずっと劇場でもうけてたんでしょうね。
劇場でうけてたネタが、M-1ではまったくはまらなかったんでしょう。
過去4回の大会を通して、私はいつも田中のボケに笑わされてきました。
田中のボケが本当好きです。
審査員には暗いと評されてましたが、
わたしはあれこそがスーマラの良さであると思ってます。
田中は振り切ったサイコパス似合うから…。
今回の優勝者のことを考えると、飛びっきり明るいコンビが
求められてたんだろうなと思います。

 

武智がまたM-1直後にやらかしたらしいですね。
それについては別記事にて書いてます。

 

3、かまいたち

誰でも想像しやすい「タイムマシンがあったら?」
というifと、身近なポイントカードで話を広げる
かまいたちは、やっぱりうまいですよね~。
見取り図が「横の笑いだけで、縦の笑いがない」って
指摘されてた後に縦の笑いを取り込んでる良い例を
見せてもらったな~と。
思ってたよりもだいぶ点が伸びなくて残念でした。

 

 4、ジャルジャル

今まで見たジャルジャルの中で一番輝いていたように思った。
特に、2本目のネタはジャルジャルの集大成みたいだった。
あんなにM-1で自らのコンビ名叫んだ人いないでしょう。
ジャルジャルでーす!」と名前を刻んでM-1を去る。
なんか美しかったな。
(まぁネタが面白いとかはちょっと別にして笑)
誰か審査員も言ってたけど、ジャルジャルってマシンみたいで
あんまり好きじゃないんだけど、
M-1に出てからずっとジャルジャルの漫才の形を
崩さず貫き通していったその姿勢はきっと、
ジャルジャルがそんなに好きじゃない人にも伝わっていたと思います。

 

5、ギャロップ

手堅くて上手い漫才が評価されにくかった、今大会には最もふさわしくない
ラストイヤー初出場組となってしまいましたね。
M-1のスタッフや準決勝までの審査員が思ってるよりも
遥かに今回の決勝審査員は、フレッシュで新しい漫才を求めていたんだと思います。
自虐ネタがどうたら言われてましたけどね、
じゃぁ、ハゲネタで優勝したトレンディエンジェルってどうなるんでしょう…

 
6、ゆにばーす

今年の川瀬名人はとにかく噛む年でしたよなぁ…
単独のときも噛んでたし、三回戦か準々どっちかも噛んでたしなぁ…
それに対してはらちゃんはバラエティに出たり
本出したりで肝が座ったのか、
単独で早口関西弁漫才を見たときははらちゃんの底力を感じました。
そもそも、遊園地のネタと関西弁漫才のネタは別々のネタだったんですが、
私は別々のままのほうがそれぞれの漫才が
際立ってて凄く面白かったんだけどなぁと思いました。
川瀬名人には川瀬名人の思想、計画、諸々あることは重々承知です。
だけど、私はもっと川瀬名人が楽しそうに漫才しているところが見たい。
今はなんだか苦しそうです。
反省会配信でのゆにばーすのお二人の佇まいと表情が、
あまりにも悲しく泣いてしまいそうになりました。
川瀬名人がいつか引退して世界遺産巡りができますように。


7、トム・ブラウン

初夏くらいににちようチャップリンか何かで初めて見て、
夫と二人でダメー!って真似してたと思ったら、
三回戦、準々決勝どちらとも会場でハネて、
あっという間に決勝にいたんですよね。
最初はこれでいいのかよ!意味わかんねーよ!と思うんですけど、
なんか2回目見たくなって、
2回目見たらもう最後、ずっと爆笑してしまう。
だから、初めて見た人は次やろうとした加藤一二三
土から出てくるネタが見たくて見たくてしょうがなくなっただろうなぁ…
と思ってました。
トム・ブラウンで会場の雰囲気は回復に向かったものの、
トム・ブラウンのネタ中に無音の時間が何秒かあったことが
私には怖くて怖くて仕方なかったです。
これもダメなら、このお客さん達は一体どんな笑いを求めてるの?
ってひやひやしました。
(結果的に面白いって審査だったので良かった。)

 

8、ミキ

うーん。
去年の初見だった時は面白かったんですけど、
見れば見るほどうるさく感じてしまうんですよね。
お腹いっぱいって感じ。
しかも、敗者復活のネタ全然面白くなかったしなぁ…。
人気なのはわかるんですけど、
私は亜生のボケがあまり得意ではありません。

 

9、霜降り明星

霜降り明星の漫才、ピンネタ、バラエティでのトーク
ひとつも笑ったことなく、そしてM-1でも面白さがわからなかった。
霜降り明星の選ぶワードチョイスが、
ボケもツッコミもそんなに面白くないと思ってしまうんですよね。
だから私は今回の大会を最大限に楽しめなかったってことです。
一番面白いとされた人達のことを面白いと思えないなんて、
可哀想以外の何でもない。
面白いと思う芸人がいればいるほど人生は幸せだからね…
でも私は毎年嫌いと言ったコンビを1年後には
すっかり好きになってるので、(相席スタートマヂカルラブリーなど)
霜降りも1年後には好きになってるかもですが!
唯一思ったことは、若いコンビが優勝するって良いな~って
改めて思いました。

 

10、和牛

また決勝でうまい演技・完璧な漫才見せてくれました。
今年こそは優勝するかもって本気で思ったんだけど、ダメでしたね。
もう、本人達もどうしていいかわからないでしょうね。
去年に引き続き、今年もタイムオーバーしてたみたいだし、
3回戦も準々決勝もたいした面白くないネタだったのに
当たり前のように決勝に進んできてるので、
ここらで一旦M-1出るの辞めてみたら
どうでしょう…
なんて思うんですが。
もうM-1に縛られなくてもいいんじゃないですかね。


まとめ

今回のM-1は大会自体も、その後の出来事も含め、
いまいちしっくりこないM-1となりました。
来年は、できれば多くの若い人たちに出てもらいたい。
また、よしもと以外の芸人も半分くらい居てほしい…な。

 

ちょっと長くなったので敗者復活戦や例の動画について
こちらで書いてます。

inecoineco.hatenadiary.jp

 

【お笑い】金属バットという漫才師

金属バットという漫才師はご存知だろうか。

私は遅まきながら先日2018年M-1の3回戦の配信を見て知ったのだが、

去年のランジャタイに引き続き私の中で金属バット旋風が巻き起こってるので

如何にもこうにもいられず今書き起こしてしまってるのである。

 

とは言え、お笑い好きの間では密かに名が知られているようなので、

何を今更、という感じもしないでもないが…。

 

金属バットのお二人は大阪の堺市出身とのこと。

私も一度堺市へ行ったことがある。

古墳の街である。ローカルな電車に乗った。

 

……と、そんなことはどうでもよくって、

なんと言ってもまず見た目のインパクトが

凄いのである。

 

見た目のインパクトがすごい

ツッコミの友保サンはすごい。

腰まで届きそうなほどの長い黒髪。

パッツン前髪。

やせ細った頬、大きい目、尖った鼻。

出っ歯。猫背。

どうだろう。こんなに特徴溜め込まんでも、

というほどのインパクトである。

私は初め、ゆらゆら帝国のベース亀川千代が漫才しているのかと思った。

しかし、よく見れば見るほどかっこよく、

そして可愛らしく見えてくるから不思議である。

 

ツッコミの小林サンは、友保サンのインパクトが大きすぎるので

少々薄くなりがちだが、坊主でおでこの真ん中あたり、

眉と眉の間くらいにできものがあり、まるで仏のよう。

話し方もおっとりしてて、

小林サンの「あの〜さ、」から2人の世間話のように漫才は始まるのである。

そう、まさにそれこそが金属バットの至高、世間話のようなしゃべくり漫才である。

 

世間話のようで、そうではない、しゃべくり漫才

私が一生のうちで一度もお友達にはなれなかったであろう、

工業高校卒業の後、土木系のお仕事か、

工場で何か物を作るお仕事に励むその辺の兄ちゃん達の、

世間話のようでいて世間話のようではないお話を

目の前で聞いているかのような漫才なのである。

それは最高にかっこよくて面白い。

 

設定はプリクラとか、九九とか、無人島とか、

生きてりゃ普通に知ってたり出会ったりするものが対象。

ボケはびっくりするほど現実ではあり得ないボケっぷりなんだけど、

何故かリアリティーすら感じる。

そんなあり得ないけどあり得るように思えるボケに対して、

「え?え?おまえ大丈夫か?」と、相槌を打つように、

相方を心配するようにツッコんでいくのだが、

ツッコミがただただ上手い。私を金属バットワールドへ引き込む。

 

そして、引き込まれたと思った途端、唐突に、

ぶっきらぼうに、漫才は終わるのである。

 

え、終わったの?もやもや…もう一回見ようかな…

 

という風に金属バット沼にハマるのである。

なんでかって言うと、

終わり方がばちぼこかっこいいのだ。

 

終わり方がかっこよすぎる件

言ってもオチはほぼほぼない。

だけど終わり方がかっこいい漫才師って、今まで居ただろうか。

あ、川西さんのもうええわがあったけど、そういうのとはまたちょっとベクトルが違うような気がする。

とにかく、漫才しているところが

"さま"になっていて、漫才しているところが"かっこいい"

アーティストの顔がどうであれ楽器弾いてるところが

かっこいいのと似ているのかもしれない。

 

そう考えると金属バットは漫才界のゆらゆら帝国だろうか。

雰囲気もアングラ感も似ている。

ゆら帝が邦ロック好きなら誰でも名前は知ってる存在のように、

金属バットもお笑い好きなら誰でも名前は知ってる存在になり得そうだ。

漫才師を辞めるとき、「自分の中の面白いものを完全に出し切ったんで」

とか言って辞めそうでもある。

 

でも私的にはこのまま、いとしこいし先生くらいまで漫才続けて欲しいので、

やっぱり出し切ったなんて理由で辞められては困るのだが。

 

 

 

ここで最後に私が好きな漫才の終わり方を。

 

仏だけに、放っとけ。

うぇい

ホットケーキ

うりゃぁありゃぁしたー

 

 

そんな金属バットは12月2日、M-1敗者復活戦でお目にかかれるとのこと。

是非。

f:id:inecoineco:20181124004433j:plain

 

 

 

 

※面白い、かっこいい、かわいいなど諸々の表現や感情は個人の見解ですのでね。お手柔らかに。

 

 

【お笑い】ゆにばーす単独ツアー「新世紀ハランゲリヲン~優勝補完計画~」サッポロ作戦

ゆにばーすのライブを見に行ってきました。
漫才ライブの単独公演を見に行くのは、
今回が初めてで、私の中でゆにばーすが
初めての漫才師になるだなんて、
予想だにしなかった。人生何があるかわからないな。

 

 

感想書きたいんですけど、
漫才の内容はもちろんM-1に響きますので
具体的な内容の感想を書くのは控えたいと思います。

 

 

ざっくり言うと、結構大量な漫才と、少しのコント、
幕間VTRがありました。
お気に入りの漫才は2つ。
全国的にもやはりその2つが圧倒的に人気だとのこと。
2つの漫才はほとんど完成させられてる感があったから
あの感じだと決勝でまたお目にかかれそう…
(他の漫才師が今どんな状況なのか把握してませんが)

 

 

幕間VTRは下ネタ満載でしたが、
開演前に並んでるときにちらほら親子で来ている人もいて
気まずかったんじゃないかな~なんて勝手な予想。

今回のライブでは、川瀬名人のほうが調子よくなくて、
逆にはらちゃんは、すごい難しそうな早口なところも
スラスラと口が動いていた印象。

 漫才のライブ自体行ったことがないので
比較対象がないんですが、全体の面白さのバランスに
緩急がありすぎるかなぁと思いました。

でもなぁ、あんなに大量の漫才作ってるんだし、
日々試行錯誤して磨きをかけてるんだから
仕方ないよな~
尊敬しますね。

 

 

とにかく、ゆにばーすがM-1で優勝するために
少しでも役に立てたかと思うとなんだか凄く
満たされた気分になったのでした。(自己満足…)


これで正真正銘のゆにばーすのファンを名乗れる…!

【お笑い】東京03単独公演「不自然体」

なかなか自宅でPCに向かう時間が取れなく、
いろいろなライブやらなんやらの感想が
溜まっている状態ですが、
まずは、東京03単独公演「不自然体」の感想を
書きたいと思います。

前回の感想はこちら↓

 

inecoineco.hatenadiary.jp

 

ネタばれありますので、見に行ってない方は
ここからご注意を。

 1.不自然な日

豊本が持ってる袋が「THE・不自然」って感じで
いかにもオープニングコントって感じでした

 

2.響いた言葉

時間経ちすぎてどんなコントだったか
思い出せないので割愛…

 

3.常連客

これは、実体験ちょっと入ってるんじゃないのかなぁと思いました。
ネタはいつも同じファミレスで作ってるから、
店員さんも飯塚さんと角ちゃんにきっと
過剰なサービスしてるだろうし、、、
そしてそれが嬉しくもあり、案外他のお客さんの目も
気になってちょっと気まずかったり…なんて。

 

4.同窓会


飯塚さんと、豊本が角ちゃんの話聞いてるときに
醸し出す雰囲気が最高だった笑
幕間VTRのホワイトボードに書いていくやつの
「あー」「へー」「うーん…」っていう相槌の
二人バージョンみたいな。

 

5.二人の雰囲気


芸人さんでもあるあるっていうか、
「こっちがネタ書いてるんだ!」ってびっくりすること
あるよなーって思いながら見てました。
最近びっくりしたのは東京ホテイソンね。

 

6.待ちわびて


待ってました豊美~!!!
後から出てくる飯塚さんが最高のスパイスに
なってましたね~

 

7.言いにくい人


やっぱりオークラが作るコントの豊本って
いつもこんな感じ。暗くて何考えてるかわからない変人。
でも、今回のコントはわりと私の中では好きな方だったな。

 

■幕間VTR■


今回の幕間VTR面白かったし、かっこよさげにしてるのも
あったしバラエティーに富んでいた気がする。
そして、グッズ紹介の最後に「用意したものを捨てる侍」が
出てくる伏線(?)回収はまじで最高でした笑

 

 

今回で見に行くのは3回目ですが、
1回目は最前列、2回目は2階席、今回は3列目でした。
やっぱりライブは前の方で見たほうが面白かったな~
握手の時は無難なことを言うって去年決めてたので
「面白かったです!また来年も来ます!」という
凡人中の凡人のコメントを3人全員に言って
私は満足して家路に着いたのでした。

【お笑い】シソンヌ単独公演「モノクロ」

2018年3月25日

シソンヌの札幌単独公演に行って参りました。

ブログ更新するのは久しぶりです。

なかなかお笑いライブに行く機会や、

感想を書きたいものに出会えておらず

ご無沙汰になりました。

 

この先ネタバレあるので

見たくない方はご注意願います。

 

-------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず一つ目は[本屋さん]のネタ

《※コント名がわからないのです。。。》

やばい女が初めて本屋さんにやってきて、

私に合う本を下さいと店員にお願いするというネタ。

 

大好きなじろうさんの女役。

じろうさんは、メイクや服装で女装しなくても

完全「女」に憑依できるのです。まずそこに感動!

ずっと今までテレビとかで少しシソンヌのコント見るくらいだったけど、

ちゃんと改めて見てみると凄く一つのコントの流れが良い!!!素敵。

初めての本屋⇨本の多さに圧倒⇨本を機械で探すことを知る⇨

じゃぁ、本をこんなに置いておく意味は?⇨

ふと、手に取った本が運命の本だったりすると教えられる⇨

じゃぁ私に合う本を教えて⇨ドリカム(オチ)

この流れが、なんかとても素敵でした。

このオチにまだ続きがあるとは露知らず……

 

二つ目[飛行機事故]のネタ

新入社員の社員研修かなにかで海外に行くことになったが、

空港で迷い、そんな時に同期の土岐(とき)を見つける。

しかし土岐は人見知りで全然打ち解けてくれない。

そして飛行機に乗ることはできたがその飛行機が途中で墜落する。

生存者は二人だけだったがそんな最中でも土岐は人見知りするというネタ。

 

じろうさん、女役のあとの人見知りキャラでまた感動…。

この人この短時間でなんでこんな別人になれるんだ。

人見知りのキャラは本当にこんな人いそうだなぁって特徴を捉えてる。

じろうさんが憑依型で演技力が高いのは言わずもがな、

長谷川さんも、ずっと長谷川さんのままなんだけど、

ちょいちょい演技が自然だなぁと!

 

 

三つ目[カラオケやさん]のネタ

一つ目のネタのやばい女が初めてカラオケにやってきて、

ドリカムの歌詞のメロディーを確かめにくるネタ。

 

↑この文章だけでもぶっとんでる。

一つ目のやばい女が本屋で仕入れたドリカムの歌詞集に

メロディーがあることを知り、自分が思い描いたメロディー

と本物のメロディーが合ってるかどうかを確かめに

カラオケに初めて足を運ぶ。。。ぶっとんでる!!!!

あー!こういうネタ大好きだなぁ〜!!シュールだなぁ。

続き物なのもいいし、誰も想像し得ないよ!

だって、カラオケに歌詞集を持って

メロディーを確かめにくるなんて……天才かよ。天才かよ…。

このネタ見れたとき、

「あ、今日来て本当に良かった!」と心の底から思えたのと、

これからシソンヌのファンだ!次のライブも絶対来る!

と確信。

 

四つ目[子供のち○ち○]のネタ

友達の新築マイホームに招待され、

友達の子供と絡むが、、、、というネタ。というか下ネタ!!

 

ほんと男っていつまでもガキなんだなぁ。

ガキでいたいんだろうなぁ…と思わせられた。

最後にこのネタ持ってくるとかどうかしてる笑

それにしても、舞台上には三人いるように見えたし、

私は子どもが裸になってしまったとこまで見えたぞ。

二人のコントなのにね。

 

 

終わりのトーク

テリーマンのお話から、ヤスケンに連れてってもらった

札幌のご飯屋さんのお話をしてました。

長谷川さんが、札幌の人に「どうですか、札幌は?」って聞いてて

天然なのかな?と笑

フリートークになると案外じろうさんがツッコミにまわるんだなぁ。

なんてところも見れたのが良かった。

 

とにかく初めてのシソンヌ、どうかなぁ?と思ってましたが

予想をはるかに超えて面白かった。これはまた次行きたい。

東京03のライブにしか行ったことなかったけど、

小1時間ほどでさっくり見れるお笑いライブも良いもんだなぁと実感。

 

あー、また好きなお笑いコンビ増えちゃったなぁ。

 

 

 

 

 

 

【漫画】きみが心に棲みついたについて【ドラマ】

きみが心に棲みついたがドラマ化されます。

きみが心に棲みついた 新装版 (上) (FEEL COMICS swing)

きみが心に棲みついた 新装版 (上) (FEEL COMICS swing)

 

 

もう6,7年前くらいに出会った漫画なんですけど、

結構衝撃的な印象を受けたことを今でも覚えています。

 

簡単なあらすじ(ネタばれなし)

下着メーカーに勤める小川今日子は小さな頃から極度の緊張しいで

どもり癖があり「キョドコ」というあだ名でいじめられてきた。

そんなキョドコは大学時代、星名という先輩に

「そのままでいいんだよ」と自分自身を初めて受け入れてもらえる。

しかし、この星名という男により、キョドコは星名の呪縛から

逃げられない運命となってしまう。

キョドコはどうにか自分を変えたいと思い、合コンに参加し

吉崎という男に出会うのだが………

 

 

といった内容なんですね。

星名の呪縛がキーワードです。

(優しさ→呪縛→DV………)

 

ドラマ版の予告動画


[新ドラマ] 吉岡里帆 連ドラ初主演!! 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』1/16(火)スタート【TBS】

 

なんということでしょう。

さわやかな男性のナレーションで

「二人の魅力ある男性の間で揺れ動く三角関係ラブストーリー」

とうたっているではありませんか!

 

 

魅力ある男性は1人しか出てこない件について

私が知る限りこの漫画には魅力ある男性は1人しか

出てこないんですね~。

なので、この予告少しおかしいんですよ。

考えられるに

①内容があまりにも過激すぎるのでドラマ用に改変

②予告で爽やかそうにして釣っといて地獄に落とす

のどちらかかと思われます。

 

私としては②であってほしいです。

そもそも、漫画の表紙もかわいらし~表紙で

思わず手に取った読者も読んでみたら「なんじゃこれ!!!」と

思ったでしょうからね~。

 

 

ドラマ楽しみなんですが、

どうか原作の世界観を変えないで欲しいです。

 

f:id:inecoineco:20171213173322j:plain